›June 08, 2014

2014春立山DAY3

Posted by kazu at 09:19 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

3日目。前日がすっかり充実したので個人的にはもう帰るだけの気分ですがそうも行きませんw
朝から風もないドピーカンです。
こんな日こそファントム飛ばしたかったw


みくりが池も少しずつ雪解け。


いい眺め。


一ノ越から龍王へてくてく。

雄山をバックにカンパイ。

龍王のピーク方面をふと見ると53さんやヨシケイさんたちも登っています。


53さん龍王岳ドロップ。

ちょっと固そうだったので迷ったのですが、こちらも龍王ピークへ。
龍王ピークからパノラマ。

龍王ピークからドロップ。

この頃には雪も緩んで思ったより滑りやすかった。


龍王カール


龍王カールでお昼寝のおちあきさま。

東一ノ越経由でタンボ平方面へ。

龍王岳、鬼岳、獅子岳などこのあたりの山はかっこいい名前が続く(若干中二病っぽい名前でもあるがw)

最後のタンボ平は少し雪が重く足を取られそうな感じでしたが、無事下山。
これにて2013−2014シーズン終了です。
立山ご一緒させていただいたBCBPの皆様ありがとうございました。
また来シーズンもよろしくお願いします。

おまけ。帰りに大町ダムに寄ったら猿の親子が見れました。(危ないので遠くから望遠で撮影)

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›June 08, 2014

2014春立山DAY2

Posted by kazu at 08:51 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

2日目。朝はちょっとガス多め。
しかし予報では晴れる予報です。(風は強めですが)

少しずつ回復。日が出てきました。


この日も大走りから登っていきます。


登って行くとすっかり晴れてきました。暑い!


稜線をてくてくと。


室堂方面。黄色いところは地獄谷あたりで温泉の硫黄で黄色くなってますね。

内蔵助カールドロップ、空撮を試みるも強風のためダメ。
3〜4mの高さから落下しそのまま動かなく(;´∀`)
風強いときはやっぱ飛ばしちゃダメです。。

登り返してから真砂沢へ滑降。
また登り返して稜線歩きで別山へ。剱岳ドーン。
劔沢を滑って登り返し、最後は雷鳥沢を滑って登り返して宿へ。
全くもって欲張りな1日。(かなり疲れたw)

以下写真(手抜き)


富士山見えたよ!!


稜線にて。


縦走します。


真砂沢かな?

別山は途中雲にまかれてどうなるかと思ったけど、ピークに立ったときには晴れてきました。

劔ドーン。


パノラマで(クリックで大きくなります)


歩いてきた真砂方面。


日本海もばっちり。


剱岳とおちあきさま。


剱沢へドロップ。


ここもナイスザラメの気持ちいい一本。よーこさん


GJ


さるさん


RYO

登り返して剱御前小舎のあたりで53さんたちに合流。
最後は剣沢を滑って、登り返してみくりへ。
充実の1日でした。

みくりの濃ゆい温泉から眺める夕日も最高です。

大日岳方面に沈む夕日が美しい。

53さんたちとも合流してカンパイです。

山菜の天ぷらもちょーうまいです。
やっぱりみくりの食事は最高です。
ごちそうさまでした。


星空もキレイでした。

›コメントを書く

2014春立山DAY1

Posted by kazu at 07:52 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

春立山!!
もともとGWあたりに予定してたのですが、天候の関係でキャンセル。
5月中旬に行くこととなりました。
天候は前半がちょっと怪しいものの後半にかけて良さそうな予報。
扇沢から黒部ダムを経て室堂へ。
相変わらずここの移動は疲れます。。

室堂到着ですがガスってます。まあ予報通りです。

まずはみくりが池温泉へ。
食堂は営業まだなので喫茶へ移動して早速ビール。
あ、隣に53さんたちがいましたw

2杯飲みたいところですがやめて次は缶ビールにしておきます。

そうこうしてるうちに外が晴れてきました。

これは行かねば。

雷鳥発見!

見てると・・

ゲロゲロ鳴いたかと思えば・・

ポトリ。。w


雷鳥沢のテン場を通過。


行きたかった奥大日岳はかなり雪庇が発達してました。


すっかりピーカンとなった大走りを登っていきます。

真砂岳のピークへ


富士の折立方面


ピークに来たころには少し雲が増えてきました。


ピークから室堂方面。


富山方面。


さあ滑ります!


晴れ間を待ってGO!

しかし滑走時はガス多め。
まあ降りてきたら山崎カールや浄土・国見方面は晴れてたんですけどねぇ。。

登り返してみくりに付く頃は一面ガス。この日の夕景や星空はおあずけです。
次の日に期待。

›コメントを書く

›May 31, 2014

日本でいちばん高い山へ

Posted by kazu at 09:19 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

(メンバー、もときくん、よーこさん)
だいぶレポートあげるのが遅くなったw
GW後の次の週末、何かとホットなあの山へ。

高度順応のため前日夜入り。富士山と星空

5合目須走口からの街明かり。

朝日を拝んで、登山の無事を祈願。

天候はピーカン。2800mくらいまでは風も全く無く暑かった。

途中から斜面も固くなりはじめてクトーで直登。
いよいよ厳しくなったのでトラバースして7合目の小屋に着。

山中湖が見えるね。

静岡の桜海老とよなよなビールでカンパイ。

ファントムも飛びましたが、7合目付近でも結構な強風でコントロール厳しかった。(以下いくつかphoto by もとき)

ちょっと高度を落として風が無くなるあたりでもう1回フライト。

こちらは実にラクに飛ばせました。

広大なナイスなザラメバーンに感動。

素晴らしい。

最後はこんなところも通りつつ

おつかれさまでした。須走の大斜面は噂通り素晴らしかった。
山頂まで微風のときにまた行ってみたいな〜。

今年は雪が多いそうです。この日は駐車場付近から雪がありました。

›コメントを書く

›April 19, 2014

谷川岳・芝倉沢

Posted by kazu at 09:21 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

Ryoといつもの練馬Pで待ち合わせて合流、芝倉沢へ。
割と早く到着したので下にクルマを置いて天神平まで歩いていきます。

ロープウエイ1回券を書い、天神平スキー場へ。
7:40登り始め。峠リフトが9時くらいからなのでその分を登ります。
途中斜度が急になったところから、前方山スキーヤーと同じようにトラバースしていったらこれがズリ落ちそうでだいぶ体力を消耗。素直に板外して直登するべきだったな。。
あ、最後に雪庇から乗り上げるところでコンドルのピッケルが役に立ちましたw
30分ほどで天神尾根到着。途中のいつもの急斜面はすでに岩場になっており、ハイシーズンならそのままシールで滑っていくのですが、板を外してクリア。
当たり前ですが3月下旬に来たときから比べて相当雪が減ってるねぇ


ハイシーズンはすっぽり埋まってしまう熊穴沢の避難小屋も顔を出してきました。


熊穴沢通過後の登りからクトーを付けて。


肩の広場の大斜面も気持ちよさそうで、1本滑りたくなりました。


後ろを振り返って


9:50肩の小屋到着。ここでちょっと休憩。


10:20 トマの耳到着。


トマの耳から見るマチガ四の沢、三の沢方面。


オキの耳


トマの耳から下、マチガ方面を眺めてガクブル。


オキの耳方向へ。こっからはアイゼン装着。


途中でトマの耳を見ると狭いスペースに大賑わいですw


11:00オキの耳到着。


向こうに見えるトマの耳。オキの耳ピークにて。


富士浅間神社奥の院を通過。安全を祈願。


万太郎谷方面も行ってみたいな。


岩場を下るのはちょっと気を使うのでやはり渋滞する。


一ノ倉岳を目指します。近そうで遠いw


振り返るとこんな感じ。


あともう少し。遠くにトマとオキの猫耳が見えます。


12:00 一ノ倉岳ピーク。

ここで休憩。天気が良くて気持ちいいです。
12:50 芝倉沢へドロップ開始。

広い大斜面。前半は斜度もかなりありますね。

出だしはちょっとカリカリなところもありましたが・・


途中からは快適なフィルムクラストになってきました。

心配されたデブリもあまり滑走には影響なく。


まあこういうのもあるけどw


避けていけば快適に滑れました。


最下部のあたりはちょっと雪が重くなってきましたが、無事下までちゃんと滑れました。

13:20紅芝寮(こうしりょうと読むのね)管理小屋に到着。
てくてく長い残業。

13:30幽ノ沢合流地点で休憩。

幽ノ沢、一ノ倉岳方面を眺めて。ロッククライミングの人はあんなところよく登るよねぇw

14:00マチガ沢合流地点。渡渉あり。結構水量あって渡るポイントが難しい感じ。
なんとか濡れずにすみましたが、もっと増えてきたら厳しくなりそう。


14:30 土合橋着。
おつかれさまでした。

パウダーのときにまた来たいなっと。
下山届を出しに天神平スキー場に一度戻り、コーラ飲みながら土合橋に戻ってきたらBCBPの皆さんとばったり。
一緒に温泉へ。(ここの温泉良かったからまた行きたいな)

〆はお決まりの


ふうりゅう

ごちそうさまでした。
満足です。
今シーズンは、
マチガ沢toふうりゅう
西黒沢toふうりゅう
芝倉沢toふうりゅう
という谷川岳3大メジャー沢からのふうりゅうをメイクしたので満足でございます。
(別に狙ったわけじゃないけど、谷川岳からのふうりゅうが何故か定番になりつつあるという・・(;´∀`)

コースタイム(次回参考用メモ)
7:40 登り始め
8:10 天神尾根
9:50 肩の小屋
10:20 トマの耳
11:00 オキの耳
12:00 一ノ倉岳
12:50 ドロップ開始
13:20 紅芝寮
13:30 幽ノ沢合流地点
14:00 マチガ沢渡渉
14:30 土合橋


›コメントを書く

›April 12, 2014

4月でまさかのハイシーズン並ドパウ。裏天狗〜裏ヒヨ〜若栗

Posted by kazu at 05:22 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

この日は芝倉沢を狙っていたのですが、残念ながら崩れが早そう。MSM予想でもちょっとこれは無理との判断。
関越乗ってしばらく調べてたあとに行き先変更決定。白馬方面へ。
で、白馬のローソンへ寄ったらばったりちあきさん、JUNさん、MASSUNさんたちとお会い。
混成パーティ結成ですw

栂池のゴンドラからロープウエイで一気に上まで。この時期はラクですね。

雪はなんと30〜40cmほど積もってます。
しかもいい感じで降り続いてます。
ちょっと視界が悪いのが厳しいところだけど。
(Photo by Ryo。以下いくつかRyoの撮った写真が混じってます)


裏天狗を滑ります。
しかしここの出だしはちょっと見えなくて怖かった。
その下からは気持ちよく滑れました。


ええと、何月でしたっけ?w


こんなにディープパウダーが!


面ツル面ツル!


おちあきさまもご満悦ではないでしょうか。


ひゃー!オーバーヘッド!!

登り返しでちょっと休んでるとすぐにザックが真っ白になるくらいいい降りです。

と思えば一瞬晴れ間も出たり。


裏ヒヨから降りてきたこのあたりは視界もよくなって気持ちよかったなー。


わらわらと滑ります。


若栗まで登り返し。ここでも一瞬天気がよくなったんだけどまたすぐに降ってきました。


40cmありましたね。


ちょっと結合悪くて急斜面はスパっといきそうなところもいくつかあったけど沢下に入ってからはいい感じの深さと軽さ。


満足です。

堰堤をくぐり抜けて

はくのりのスキー場に戻ってきました。

下までドパウですよ。


おつかれさまでした!

温泉入ったあとはGravity Worxへ。

ピザもパスタもうまかった!!

ここまでのドパウはさすがにラストかなー。
この時期に素晴らしいパウダーな1日。ずっと下まで面ツル楽しかった。お疲れさまでした!

›コメントを書く

羊蹄山お釜でポンの旅 Day3 チセヌプリ(敗退)

Posted by kazu at 04:46 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

羊蹄山滑降の翌日、予報では午前中は大丈夫かと思っていたがいまいち天気悪い。
しかも雪が降ってくる始末。ゲレンデ滑ろうかとニセコスキー場を見たら上部は止まっているとのこと。
イワオヌプリという案も出たが、こないだ良いときに滑っているので行ったことのないチセへ行ってみることに。


うっすらパウダーです。数cmくらですけどねw


上に上がるにつれて視界が悪くなってきて風も強まってきました。


これは厳しいかなw

ピークまであとちょっとなんですが、別にピークハンターじゃないんでこんな天気の日はとっとと諦めますw


こういう日(うっすらパウダー)はメローな斜面を選んで。


のんびり滑ります。


お疲れさまでした!


帰りは千歳空港の立ち食い寿司で旅の〆。

とても想い出深いTripとなりました。
来シーズンも必ず羊蹄山滑りたいな。
53さん、Ryoちんありがとう。また行きましょう!

›コメントを書く

羊蹄山お釜でポンの旅 Day2 羊蹄山比羅夫ルート〜真狩ルート

Posted by kazu at 04:29 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

朝起きると外は視界が悪い。
予報では良いはずなのだが・・。山小屋のオーナーK藤さんの話では、1000m以上は晴れてて雲海ではないかとのこと。

しかしこんな状態であるw

山小屋(蝦夷富士小屋)からてくてくと林のなかをまわっていきます。アプローチちょっと長いな。


だんだん明るくなってきました。


雲を抜けました。
振り返ると・・・


雲海です!


雲海の先にはニセコアンヌプリ山の先っちょが見えています。


だんだん斜面も固く、斜度もきつくなってきて、クトーをはめても厳しくなってきました。
(53さんはブンリンのクトーで直登していきましたw)

歩くのきついので早々にシールを諦め、アイゼンに切り替えます。

すっかり雲も抜け、アンヌプリが眼下に見えます。


結構きついです(^_^;)


ようやく山頂。
どでか御釜のお姿に感動!うおおおおおって叫んじゃいましたw


ここはどこだろう?w


どこの惑星に迷い込んだのか。
青い空、白い火口、圧巻です。


空の色も濃い。


板をならべてお決まりの記念撮影。

早速御釜へ向かって滑降。
あ、53さんはうちら二人より早く登ってて2度目。


Ryoが良いジャンプを見せてくれました。まさにお釜でポン!
(Photo by 53さん)

二人が滑るのを空撮してそれから僕も滑ったのだけど、僕が滑るタイミングではちょっと斜面がカリカリに。。(若干手前から落としたのがよくなかったのかもしれない)
まあそれでもこの中を滑れる充足感。

あまり時間もないのでさっさと登り返します。

てくてくとアイゼンで。


戻ってきました。


真狩方面を滑ります。


テラスの沢(正確にはその隣)


ナイスピーカンザラメ!


ナイスナイスピーカンザラメ!


間違いなく今シーズンいちのザラメ。
斜面も素晴らしく気持ちよかった。


ここの斜面も良かったなぁ。
パウダーのときにも滑ってみたい。


素晴らしいポテンシャルの山。


文句無しの充実感。


完全燃焼、お疲れさまでした。
ほんっと来てよかった。


大勝利なんで祝勝会です。お店はK藤さんおすすめの2軒に行きます。


ビールがうめえ!


ジンギスカンもうまい。

次のおすすめのお店、よし鳥。

美味しいし落ち着く良い店でした。

最後に〆のラーメン。


満足です。
もう何も言うことはありませんw

›コメントを書く

›April 08, 2014

羊蹄山お釜でポンの旅 Day1 ニセコひらふ

Posted by kazu at 01:41 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

ひょんなことから実現したこの企画。
53さんから羊蹄か利尻どうですかー?なんてお話があったときはびっくりしましたが羊蹄リベンジしたかったのでこれは乗るしかないとw
あとは天気次第というところだったわけですが、天候を睨みつつ1日晴れればOKということでGO!
今回も直前の予約となったためにLCC(バニラエア)を利用です。

新千歳到着。風が強い予報で天気微妙なので焦りません。いつもの朝市食堂でいつもの。
(だいたいこれかまかない丼の2択ですw)

レンタカーへ。
北海道の冬のレンタカーって安いよね。
3日間でなんと6,000円の"高級レンタカー"(※53さんの表現ですw)
荷物が多くてどうなるかと思いましたがなんとか積めました。

もちろんいつものきのこ王国できのこ汁とコロッケ。

羊蹄山見えるねー。

今回お世話になった蝦夷富士小屋。
まだ出来たばっかり、プレオープンだそうで、知り合い関係のみの宿泊。
まつあきさんからのご紹介で泊まらせていただきました。(ありがとうございました)

夏からは本格営業するみたいですのでみなさんもぜひ。
看板もまだ仮ですw

1日目はニセコで滑ります。
前日センターフォー付近で雪崩れたという話を聞きましたが、たしかに。

気温急激に上がりましたからね、春みたいです。

残念ながら強風のため上部リフトはことごとく運休。花園方面に行くことすらできません。。
仕方ないのでコースを飛ばして滑ります。これはこれで楽しい。

おつかれさまでした。

お楽しみの夕食タイム!
お店の前で例のポーズw

浜っ子で乾杯!

お刺身もいいけど。

一番美味しかったのがポテト!
この揚げ方と味付けは他にはない。これだけテイクアウトしたいw

トランスファーしてマルキュー商店。食べログ高評価の店。

たしかにリーズナブルでそれなりに美味しくていいね。
なんだかんだで結構長居して部屋に戻ってバタンzzzz

›コメントを書く

›March 23, 2014

毎年恒例 春のパウダー祭り

Posted by kazu at 11:51 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

毎年3月下旬に開催されますよね。春のパン祭り春のパウダー祭り。
今年も季節はずれのパウダーの兆しが先週からあり、ソワソワ。
関越方面も金曜日にどこも30〜60cmくらいの大雪模様。
いろいろ迷いましたが今回も、


大雪で開始が遅れたロープウエイに乗って


やってきました。
予報通り朝には晴れたようです。(ただし、この日ずっと晴れではなく、曇ったり雪が降ったり、晴れ間がでたり)
リフト待ちで今週もJunさんとお会いしましてご挨拶。

いつも通り大雪後で開始が遅れましたがリフト開始。
ただ、滑ることは若干雲がかかったのが残念。


ドカ雪だった割に夜から沈降が進んだのようで、この日の雪は締まり気味のよく走る雪。
飛ばせます。
ほぼ4ターンほどで滑り終わる贅沢な1本。
このあとリフトで4本。楽しめたのは最初の2本かなぁ(笑


さすがにドカ雪のあとですしアルパインエリアは控え、近場でパウダーを狙います。
融解凍結層MFcrの上に30~40cmくらい(チェックポイントで)、沢底はもっとたまってそう。
スラブ性質はほとんどなく、安定してると判断。(実際1日滑ったあとでも気になる事象もなく安定していた)


一気にボトムまでノンストップで。気持ちいい!


先週夜景を撮影した設定のままでISO3200になってました(またかよ。。)


もときくん


だいこんさん

いい一本でしたね。

ロープウエイ登るとカモシカ発見。

2本目はもう少し奥へ。
さきほどのところよりもっと上から、斜度のあるルート。
広さも申し分なくここも素晴らしかった!
スピード出してどかんと。

思い出して(*´ω`*)ポワワーンとなるいい1本でした。


あまりに良かったのでロープウエイ上がってもう1回ここを落とす。
少しルートずらせば面ツル。

日差しが隠れたおかげで1日中いいパウダー。
今日も素晴らしかった!

›コメントを書く

›March 21, 2014

谷川岳 予想以上のパウダー

Posted by kazu at 08:41 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

メンバー Ryo, 53さん, kazu

53さんとは立山で何度かお会いしたり、下界(都内)で飲んだことはあったのだけど一緒に滑るのは実は初。
午前中しか時間がないということで7時からロープウエイ開始の天神を選択されたということですが、懸念していた通り峠リフトが9時くらいまで動きません。。
高倉側を滑るもカチコチ。。うーむ、とりあえず登ってみますかということで登って1本目。
前半、予想以上に深くていいパウダー、調子に乗ってスピードだして滑ってたら途中から底にデブリの塊、氷の塊が現れて見事撃Ω\ζ°)チーン
若干狭くて斜度の急なところだったので後半は随所にデブリが隠れていて滑りにくい。
一見気持ちよさそうに見えるんだけどw

2本目。お気に入りのドロップポイントへ。

ここは素晴らしかった。底付き無し、デブリ無しで西黒沢合流地点までずっとパウダー、もちろん面ツル。

青空も見えてきていい感じ。


予想以上にずっと深くて、ドライパウダー。
まだ冬は終わってませんw


まさに「山は来てみないと分からない」


面ツルだらけ

いい1本でした。


いい瞬間撮れた(笑


僕の滑ってるシーンも追加っと(photo by 53さん)

このあと帰ってお仕事のある53さんとはここでお別れ。
お疲れさまでした。またお願いします!

こちらはもう少し滑って帰ります。


次の1本も、上から下までパウダー!素晴らしかった。
あざます谷川岳!

帰りにラ・ビエールに久しぶりに寄ってピザ。


相変わらず美味い!
今回も楽しかった!

›コメントを書く

ニセコツアー2014Part2 DAY3

Posted by kazu at 12:40 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

予想通り、予報通り晴れました。
しかし、、ここ数日続いたストームのせいでゲレンデ外は降りすぎでゲートクローズ(下のほうは開きましたけど)さらには山頂リフトも事故防止のため動かさないという厳戒態勢。
この日は前回と同様に、札幌のそめさんと合流して滑ります。


この通りピーカン面ツルなんですが。。

キング3がなかなか動かずだいぶ待ったあげくに桔棔ノートラック滑れましたがこのくらいじゃ満足できませんw
スインギングから花3向かうもすでにギタギタ、ゲートが開かないのが恨めしい。。
G9ゲートからメロン方面でちょいパウ。

ゴンドラで上がって再度花園、鏡沼方面へ。


ピーカンパウダー!

(以下いくつかphoto by Ryo)

雪もいいし、天気もいい。サイコーなんだけどね、

リフト上がるたびに面ツルアンヌプリが見えるのよ。


ぐぬぬ。。

これって非常に

精神衛生上イクナイw

空腹で豪華お食事を目の前にちらつかせながらお預けくらってる。


まあ東尾根がっつり雪崩れてましたしねー。


面ツルふじわらの沢、北斜面、東尾根、みんな滑りたかったなぁw
繰り返しますけど、これを眺めながらリフトに載るのは

精神衛生上イクナイw

そんなわけでちょいと早めに上がって比羅夫駅近くの寿司屋に。
日本橋という名前の寿司屋さん。
かなりボリューム満点でした。

おかげで少し満たされました。パウダーお預け食らったダメージが少し和らいだ。

まあ2日目のルスツは良かったし、今回も楽しかった!
あとは羊蹄山のリベンジを。

›コメントを書く

›March 16, 2014

ニセコツアー2014Part2 DAY2

Posted by kazu at 11:38 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

2日目。どっさり降りました。
この日も予報からニセコ上部は動かないだろうという予測のもと、ルスツへ。(結果的に当たり)


TAKAさんスーさんグループに乗せていってもらってルスツへ到着(ありがとうございました)
しかし、降りすぎ除雪のため、ゴンドラの開始が遅れ。

(photo by Ryo)

30分遅れで開始。
一発目、胸までつかる激軽パウダー!
すごかった。もちろん今シーズンイチ!

時折晴れ間も出たり。

ちなみに昨日撮ったISO6400のままにorz

スーさん

Ryo

TAKAさん

ニセコより標高が低い分、風もそこまで強風ではなく、大丈夫そう。
上空の雲の流れはめっちゃ速いけど。
時折出る太陽で幻想的な景色に

(photo by Ryo)


(photo by Ryo)

まさに雪風呂(photo by Ryo Rider kazu)

こんな感じで一日中ふかふかな雪を満喫。

遠くてわかんないけどTAKAさん

Ryo

(photo by Ryo Rider kazu)

いやールスツ最高っすな。
あ、帰り際にクルマのトラブルがありましたがなんとか復活。
寒いとボンネットあかなくなるんすねー。
フックのところが凍ってしまうようです。お湯をかければ溶けて開きました。
あとはエンジンかけに協力してくれた外人さんに感謝!
(ってかTAKAさんさすがで外人さんに英語で頼んでたし。)

ジャムガーデン、夕食の定番毛ガニ。無口になる瞬間。

ゆころの温泉入って露天風呂でカンパイしたあと、阿武茶へ。
ちょうど北海道入りしたえむとらさんと合流してカンパイ。
なんとえむとらさん、このあとピーカン利尻滑降されたとのことでぐぬぬすぎます。

あ、枝豆しか撮ってないorz

このあと宿に戻ってオーナーと他のお客さんと飲み直し。
12時過ぎくらいお開き。明日の好天に備えて、オヤスミナサイzzz

›コメントを書く

ニセコツアー2014Part2 DAY1

Posted by kazu at 10:35 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

ニセコツアーの2発目。
今回は羊蹄山狙いで、と思っていたのですが、残念ながら爆弾低気圧と寒冷渦のダブルパンチでストーム長引きそうな予報。
そうそうにゲレンデ狙いに切り替え。
Ryoと成田から新千歳へ。心配されたフライトも無事飛び一安心。
ちなみに今回はバニラエア。セールで往復6000円。やっす!

新千歳到着。晴れてます。

空港で今回同じタイミングで行くTAKAさんと待ち合わせ、乗せて行ってもらうことに。
(あざます!)

おなじみきのこ王国できのこ汁とコロッケ

ニセコ到着で早速滑るも、やはり風強い。
ゴンドラもゆらゆら。
見晴らし裏とか滑ってみたものの、上部リフトが止まっている関係で皆滑るところが無く食いつくされている模様。ダメですな。。

宿に戻って夕食。お隣さんはホッケだったな。
前回と同じなので僕もホッケが良かったかもw

いい降りっぷりだったのでナイターへ。
ごんぶりなんだけど、ちょっと積もり足らない。あと10cmあれば。。
尾根ロングの後半で少しいいところがあったくらいか。残念。

温泉入って(ジャムガーデンは温泉券付き。今年はゆころでした)居酒屋船長へ(下のほうのお店)
カンパーイ

うまうま。

ニセコはアフターも楽しいよね。

›コメントを書く

›March 06, 2014

ニセコツアー2014Part1 DAY3

Posted by kazu at 09:45 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

予報通りのピーカンである。
夜からの降雪はほぼ無し。
羊蹄山も考えてたけど、全員を連れてくことを考えると無理だったので、五色温泉方面に降りてイワオヌプリを狙うことに。

羊蹄山ばっちり。
こっから羊蹄山のオンパレードです。飽きるほど貼っていきますw
(あと自分が撮った以外の写真、ハリさん・もっくん、ほりっくさん、さわっちが撮った写真もあります)

山頂リフト

振り向いて

山頂ゲートから登る。ここにも羊蹄山。
羊蹄山ばっかりの写真だなw

避難小屋と羊蹄山

北斜面やバックボウルも考えたんだけど、完全にトラック入ってたので即西斜面へ。
風の当たる上部のカチカチをトラバースしていくと

来ましたノートラック!

ハリさん

もっくん

ほりっくさん

さわっち

ささやん

くらぬきさん

kazu

いやー、よかった!

みんな満足の1本

イワオヌプリを登ります。

ほりっくさんがスーパーほりっくになり損ねたようで遅いのでファントム飛ばして待ちます。

まだ来ませんw

南面でちょっとゆるんでたけどまずまず。

そのまま五色温泉経由、アンヌプリに行って帰ります。

お疲れさまでした。
最後は結構ギリギリの到着となり、ご飯もゆっくり食べられませんでしたが充実の3日間。
いい天気、いいパウダー、いいメンバーと楽しく滑れてほんとうにいいツアーでした!
みなさんありがとでした!
さて次のツアーは羊蹄山?

›コメントを書く

›March 04, 2014

ニセコツアー2014Part1 DAY2

Posted by kazu at 11:09 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

2日目。札幌のそめさんと去年に続き合流。
前日からの降雪は宿のあたりで5cmくらいだったのであまり期待してなかったのですが、スキー場上がると結構積もってそうな感じ。

これは北斜面期待できるでしょ、ってことで、即ピークへ。
来ました北斜面ツル!

ほりっくさん

ハリさん

さわっち

ささやん

トラバース時に

そめさんの後ろ姿

まずまず満足な1本。
今回はボードの人が多かったので花1ルートに行かず、作業道ドロップのハイクアップ。
花1リフト前で休憩後、晴れてきたので再度ピークへ。
しかしニセコの天候は気まぐれで、ピークに登ったときには雲の中。
30分ほど小屋でウエイティングしたが回復せず、東尾根を降りる。
ただ標高100mほど落としたら視界が回復。
まあ東尾根なんですでにだいぶ滑られてましたが。。
上は降ってそうだし明日に期待ということで。

もちろん夜は毛ガニ! みんな黙々と食べますw

夜はジャムバーで盛り上がり。
1名酔っ払って途中退場でしたね(笑)

2日目も楽しかった!

›コメントを書く

›March 03, 2014

ニセコツアー2014Part1 DAY1

Posted by kazu at 01:21 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

もともとはTwitter上で羊蹄山リベンジしたいとやりとりしてた流れでなんかほんとにみんなで行っちゃうことになりました。
総勢7名。ちょうどジェットスターのセールやってたのでチケット取っちゃって行くことにしました。
しばらく雪が降ってなかったニセコもツアーに合わせるかのように50cm降っていきなりテンション上がってきます。
成田から。

千歳に着いたらいつもの朝市食堂。

千歳からレンタカーで一路ニセコへ。
あ、そういえばレンタカー借りる時、レンタカー屋さんにザックを落とされてファントムのプロポのレバーが折れたんだよなぁ(-_-;)
ザックを載せるときは注意です。。

羊蹄山も良く見えるグッドコンデション。(この日はかなり良かったそうな)

ニセコへ着いたら早速支度してゲレンデへ。
ゲレンデ内はパウダー当然無理そうなのでピークに上がって北斜面へ。
昔は北斜面といえば割と最後までパウダー残ってるほうだったのに今では1日でトラック入っちゃうのねぇ。
それでもふかふかな場所を見つけて滑ります。

日が落ちかけた頃の逆光が映える場所です。

ジャクソンから。

羊蹄山も良くみえる(photo by さわっち)

花1に降りたあとゲート花2のところのゲート行ってみたけど南斜面だから一度緩んだあとに冷えてガリガリ。
北はいいだろうということで裏見晴らし1本、こっちはまあまあ。

1日目なのでこのくらいでということで宿に戻る。
アーベントロートの羊蹄山が美しい。しかし赤く染まる時間はほんとに一瞬だった。

宿の食事。毛ガニは明日だなw

サプライズで誕生日ケーキを。
ケーキはニセコで有名なグラウビュンデン。(前に行ったのは6,7年前だったか?)

もときくん、ささやん、おめでとー!

そうそう、今回は7名の大所帯だったのでコテージ泊。
ジャムも十数年通ってるけどコテージは初めてでした。
Yさんの酔っぱらいっぷりが印象的な1日目の夜でしたw

›コメントを書く

›February 26, 2014

ニセコパウダー バックカントリー空撮 Niseko Powder Snow Aerial Shoot

Posted by kazu at 08:57 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

ニセコの3日目の動画を取り急ぎ公開。
イワオヌプリ、アンヌプリ、バックカントリースキー、スノーボード。
DJI PHANTOMで空撮。GoPro Hero3+。
ヘルメット映像はSONY AS15。
ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました!

›コメントを書く

›February 18, 2014

横浜市営川和富士スキー場

Posted by kazu at 10:49 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

ええもちろんそんなスキー場はありませんw
関東大雪で横浜都筑区の川和富士公園に行ってきました。

「横浜のスキー場に来ました。ナイターも完備です」

「平均斜度20度。メローなターンをお楽しみいただけます 」

「横浜ビッグエア」


「リセットされた」

「横浜市営川和富士スキー場、その名の通り富士の形の斜面が魅力のスキー場です。積雪は30cm。天然雪で全コース滑走可能。雪質パウダーですが明日の朝にはコンディション悪化が予想されますのでお早めにお越しください。」

「また、当スキー場への道はご覧の通り圧雪路となっておりますので、ノーマルタイヤは危険です。お気をつけてお越しください。」

「スキー場行ってる間にがっつりクルマに積もってるんだけどw どこの雪国だよw 」

いやはや横浜とは思えない雪でした。
雪国ヨコハマ。
横浜に来て10年ちょっとですが、初めて見ましたこんな積もるの。

最後に動画をどうぞw
結構スキー場っぽいでしょw

›コメントを書く

›February 16, 2014

谷川岳天神平 ハードな1日..

Posted by kazu at 10:46 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

晴れ予報が出ていたため、あの景観を求めてまた天神平へ。
ちょっと風が不安でしたが・・。

水上セブンでも風が強く、ロープウェイ山麓駅でもゴーゴーいう風。これは不安。
ロープウエイ山頂にあがってみると天気は晴れてきたものの、風は強い。
雪もうっすらというところなのでゲレンデ諦めて登ることに。

登るところで、「裏のお山で雪とたわむる」のfkzさんとお会いできたのでお声がけ。
この日はマチガ沢ではなく、オモテを滑る予定らしい。

谷川岳の上には雲がしっかりかかって早いスピードで流れている。

とにかくこの日は風が強く、飛ばされそうになるほど。
しかも尾根はかりんこりんで登るのに気を使う。
さすがに滑落の危険性を感じたほど。
(ちなみにこの強風と寒さにやられて軽い凍傷になり、耳と頬をやられましたw)

ようやく肩の広場手前の大岩まで到着。

肩の広場を登ります。
ピーク手前の最後の急登(斜度30くらい)でトラブル。
なんと突然ぶら下げていた一眼レフが落ちて、ゴロンゴロンと100mくらい落下。。
ああああああ、、、ともうだめかと諦めたあたりで停止。
なんとか一度降りて回収。助かりました。
ストラップを使ってたんですが、ネジがゆるんでいたようで。。

ようやく小屋に到着です。

fkzさんたちパーティー。

この日の4の沢

肩の広場。なかなかガスが晴れなかったけど、晴れた瞬間を狙います。

広いバーンをどーんと。ちょっと薄いけどまあまあ。ただ下のほうはシュカブラが。。

1本滑り終えて。

登り返してもう1本。

帰り際、ザンゲ沢〜西黒沢にかけて雪崩が見れました。結構でかいね。サイズ2〜、くらいか。

帰りにJunさんにお会いしました。
しかしこの日はなかなかハードでした。無事生還できてよかった。
ただ、天気のいい日の谷川は景色がステキです。

ということで空撮動画をどうぞw

›コメントを書く

丹沢・塔ノ岳

Posted by kazu at 10:38 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

関東に大雪が降ったのち、丹沢大室山と迷ったのですが、眺望とアクセスのしやすさで表丹沢へ。
ちなみに前日の東京の様子。
池袋

銀座数寄屋橋交差点

銀座

銀座4丁目

銀座駅


さて当日、大倉のバス停から出発です。
道路にもびっしり雪、シールで登れます。

標高差1200mの登り。。

風で枝が多くて思ったより登りにくい。。

見晴らし茶屋

駒止茶屋

堀山の家

行きは良さそうな雪に見えましたが・・

花立山荘

カップラーと富士山、かんぱーい。

雲海と富士山

眺望はよかった。
しかし雪が・・。上にいったらたくさんあるかと思いきや、ほとんどありませんでした。
標高1000m以上は風が強かったのかあまり降らなかったみたいですね。

降りる途中でTwitterつながりのNさんとお会いしました。
いやはやまさかこんなところでお会いするとは。びっくり。そのままご一緒に下山。

しかし、滑ろうにもいい場所はほとんどなく、そのまま降りてきました。
しかも雪どけが進み、さらにスキーでいけるところが限られて・・。
完全修行系でしたw
まあいい経験になりましたけどねw おつかれさまでした。

›コメントを書く

›February 15, 2014

谷川岳天神平 某日・軽くて深いパウダーを1日中満喫

Posted by kazu at 05:05 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

高速道路を飛ばして。関東はいい天気。浅間山がきれい。

天神平は雪。現地でてらさんと合流。

正直うっすらかなぁと思ってたらばっちりリセットされてます。
テンション上がりますw

すいてます。峠リフト並んでるのは10人くらいでした。

面ツルいただきます。
峠リフト1発目

2発目

3発目

4発目

5発目

6発目

あれ、もうちょっと乗った気がしたけど6まわしだったかな?
登ります。

ピットチェック。
数日前のMFcrの上に新雪(HST10〜40cmほど)が乗ってる。気温低く、風の影響も少なかったのか、面発の可能性は少なそう。急斜面の点発は可能性ありって感じか。状態は良さそう。

どーん!!

軽い深い

面ツル面ツル

いえあ!

ロープウェイまわしでもう1本登り・・。いいパウダー。

ふ〜!

登ってさらにもう1本。ちょっと晴れてきた。

まだまだ面ツル。どかんと飛ばして滑ります。

最後にもう1本いきます。登ります。天神平スキー場方面を振り返って。


来ました西黒沢!

ここのパウダーを滑りたかったので満足。
核心部はなかなかの斜度(45オーバー)だからちょっとこわいけど。

16時まで滑り倒し。ほぼ全部面ツルパウダーMPP

帰りは・・・。

ごちそうさまでした!

›コメントを書く

›January 21, 2014

斑尾パウダー

Posted by kazu at 12:42 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

取り急ぎ動画。
今回は普通のアングルのみw

›コメントを書く

›January 18, 2014

谷川岳 M沢

Posted by kazu at 08:44 AM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

ピーカン谷川岳。
前日の降雪35cm。フルリセットとはいかず、コース内の地形は埋まりきってない。スネパウ程度。

駐車場で今日もdaicomさんとお会いしてコース内で3,4本ほどご一緒。48Rさんもリフトのところで会えた。

いい天気。ピーク行きたい!
ちょうどTwitterつながりでルサンチさんがいらっしゃったのでご一緒に。

熊穴方面もよさそう。

ちょいと出遅れた。

山頂到着。

M沢は、上部フカフカ、中間部デブリ気味、下部フカフカでした。
本谷落としてた人があの方だったとは。

肩の広場など、人気ルートは早く出ないと厳しいな。
こんな日は熊穴ぐるぐるぐらいがちょうどよかったのかもw
ただ、天気いい谷川岳はピークに立ちたくなるんだよねぇ。
熊穴ぐるぐるは天気悪いときでもできるから。

›コメントを書く

›January 13, 2014

八海山超ディープパウダー

Posted by kazu at 07:20 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

連休寒波、の予報。
が、木曜はがっつり降ったが、金曜日はアレ?
もともと毎年恒例の志賀YKBの予定だったのだが、雪雲の流れを見てもどうも中越の中部・北部エリア中心。
妙高北信エリアは微妙。
パウダーランキングには長岡が上がってくるし、これはどうみても八海山の流れ。
気温は十分低いから、いつもは重雪の八海山もこの日は大丈夫だろう。

ってことで八海山へ転進。だいちんに連絡して八海山駐車場集合。
ファーストトラック、前日予約が必要なんだけど、当日も空きがあれば申し込めるのでこれはいっておかないと。
(一昨年に1回だけファーストトラックの当日参加したことあり)

ってか八海山来るのはそのときぶりか?
結構好きなゲレンデなんだけど、最近はだいぶ人も増えてシークレットポイントも知られるようになって。。w
昔は余裕で1日パウダーまわしできたんだけどねぇ。

ファーストトラックは当日申し込みは3組で終わり。なんと僕のところで終了でした。危なかった。
で、そのファーストトラックは・・。

ロープウエイ1本、標高差800m上から下までのバフバフパウダー、ず〜〜〜っとフェイスショット連発でしたw しかも八海山らしくない軽いパウダー。

証拠の動画をどうぞ。

ファーストトラックは1000円だけど、ケーキセット(ケーキとドリンクバー)が付くから結構お得。混むと嫌だからあまりいいと言わないほうがいいか(笑)

午後からはdaicomさんとお会いして何本か滑って終了。
最後にいつも〆に滑るあまり知られてないポイント行ってみたけどすでに滑られてて残念。
でかマッシュ(3mくらい?)飛んで、後ろに固定してたカメラの固定してたとこがぽっきりw
あわやGoPro紛失というところでしたが見つかってよかったw

帰りはお気に入りのさくり温泉。370円で、設備きれいだしすいてて◎。
素泊まり3500円なのかー。八海山2日行くならいいかも。まあ八海山2日連続はあんまりやらないがw

夜はダメ元で森瀧行ってみたら入れた。
定番うどんすきとまいたけ天ぷら。

このあと五郎行ってみたけど残念ながら入れず。。
その隣の居酒屋で再度飲みなおし。
八海山で滑ったあとに八海山で、おやすみなさい。

›コメントを書く

›January 01, 2014

福島ツアー(2)猫魔

Posted by kazu at 02:31 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

さて2日目どうしようかと思っていたのですが・・。
大学時代の友人と福島で飲むことになり、福島市へ戻り。
友人の自宅にて深夜まで飲み明かし、翌日寝坊w

もうこのまま滑らないで帰ろうかとも思ったのですが、この日も引き続き猪苗代・磐梯エリアはいい雪が降っていたので滑ることに。
で、猫魔です。
この日も大野プロから情報を仕入れ済み(kuniさんあざました!)


10時すぎに駐車場到着。すいてるなーと思ったけどこれでも多いほうらしいw

で早速コースへ。おお、10時半なのにコース脇にパウダー残ってるじゃないですか。こんな急斜面のいいところに!
ひゃほー!

いやいや出遅れたながら結構楽しめますよ。
急斜面も多く、パウダー好きには結構いいんじゃないでしょうか。

膝パウぱふぱふ。

昼過ぎには晴れ間も出てきました。

いいね猫魔。
14年ぶりに来ましたが、14年前は飛びをやってて360を練習した思い出しかありませんw
パウダー楽しいゲレンデですね。
しかも!! モバイル会員だと1日券が2800円で買えましたよ!安いね。
今度から年末年始帰るときは東北道経由にしようかなぁw

›コメントを書く

福島ツアー(1)アルツ磐梯

Posted by kazu at 01:57 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

新年あけましておめでとうございます。
本年もwinter optixをよろしくお願いします。
winter optixもブログ形式にしてから今年で10年です。
ブログ前からを入れれば13年でしょうか(過去のデータが無いので正確にはわかりませんw)
今年も怪我なく事故なくいいシーズンにしたいですね。

さて、年末年始、新潟の実家に帰るためにあまり滑れる機会は無いのですが(しかも今年は去年に続き1月3日から仕事です)帰り際にスキーをしてこようと画策。
当然関越沿いが候補なんですが、どうも予報を見ても降る気配なし。
MSMデータを見ると津川〜会津方面にびっしりと雪雲、これは東北道経由で磐梯、猪苗代エリアが良さそう。

ってことでひさびさアルツ磐梯へ。
事前に福島・須賀川のレジェンド・大野プロ(@kuniki)から情報を仕入れ、準備万端。
パウダー争いに参戦!ってあんまり競争率高くないのねw
余裕でファーストゲットですよ。

スネ〜吹き溜まりで膝くらいのパウダー。

いやー、良いね。アルツ。斜度もあるし。

例のストックに付けるマウントで撮影。
午前中はいろいろ遊べました。

ちょっと脇のツリーとかもいい感じ。

お昼にベースまで降りて休憩。上の猫魔ボウルは割とすいてるのに下に来ると結構混んでるんだね。
品質保証カレーとやらを食べたけど、言うほど美味くはないかな。いや美味しいんだけど、ビーフカレーで1100円。これで800〜900円なら絶賛したけどねw

午後もシールテストをかねてちょっと偵察、ごちそうさまでした。
1月下旬からアルツではキャットツアーが始まるようですね。

アルツ磐梯、久しぶりに来たけどなかなかいいですね。
ただ次の日に行った猫魔のほうがもっとお気に入りになりましたがw

›コメントを書く

›December 29, 2013

12月22日〜23日 苗場パウダー

Posted by kazu at 01:03 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :


毎年この時期の苗場は競争率が低い気がする。
パウダーがっつり滑り込めました。
とりあえず動画。
オープニング&クロージングにファントム空撮を無理やりつけてみたw

›コメントを書く

›December 21, 2013

平日かぐら田代パウダー

Posted by kazu at 01:34 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

前日、前々日と田代運休。かぐらも前日は1ロマまでと。
そして休日出勤のかわりに代休をとのことでここのポイントしかないでしょ、火曜日平日かぐら。
りょうちんと練馬で待ち合わせて出発。

メモ。気象データ。
こちらは前日16日月曜日のMSM。右は850hPa風。黄緑以上(1500m 風速15m/s〜20m/s以上)が出たらかぐらはちょっと怪しくなる。

17日火曜日のMSM。風も雪もすっかりおさまる。

ロープウエイ1便でGO。

みつまたはガスってましたが・・


かぐらは視界良好。

ファーストもらい!ってところでしたが和田小屋組に何本かやられてましたw
しかしパウダーのジャイアントなどを2まわし他。
そのあとは田代連絡コースのオープンとともにノートラックファーストゲット!
ここはよかった。

田代連絡コース待ちのときにTwitter、G+つながりのKikuさんにお会い。
少ししかご一緒できませんでしたがまたよろしくです!

田代チャレンジバーンへ。田代のほうが雪軽いなぁ。やはりこっちからだったかw
ここで田代側からいらっしゃってたようこさんたちにお会い、しばらくご一緒して滑ることに。

最後に5ロマまで登って1本。
まだBCエリアは雪少ないね。ノートラックの5ロマコースを滑って終了。
なんだかんだで1日楽しんだ。
ご一緒、お会いしたみなさんお疲れさまでした。

駐車場で空撮。
平日なのに駐車場結構なクルマ。

ロープウエイのところ。

帰りは梅島ふうりゅうへ。
なぜか知った顔の方々が先にいたw


美味しゅうございました。


›コメントを書く

›November 30, 2013

秋立山2013 Day2

Posted by kazu at 03:35 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :


朝はちょっと視界悪め。
ただし午後からは晴れる予報。

この日は室堂周辺でとのお達しがありましたので近辺で。
ちなみにこの日、前日の夜景設定のまま高ISOで撮っていたのでボツ写真ばっかりでしたw ノイズもお多いorz

凸凹わかりづらくて平衡感覚が。。

仕方ないのでいくつか滑ってから休憩。


みくりの生ビールセットとか。
ラーメン食べたりとか。

しばらくしたら晴れてきました。予報通り


最後のひと滑りがなかなかよかったなー。
室堂周辺なのでノートラックとはいかなかったけれど。


宿に戻ります。


この日もいい夕焼けが見れました。

夜は小屋締め。これが楽しみでしたw

いつもの食事の後、小屋締めの宴会が行われます。
小屋を締めるからいろんな食べもの、生ビール、日本酒、焼酎などお酒がありったけ振る舞われます(無料)
幻魚(げんげ)のからあげだって食べ放題w

ごちそうさまでした。食べ過ぎ飲み過ぎw
翌日は予報通りトラフ&日本海低気圧接近で悪天候。
朝イチで降りて帰りました。

いろいろありましたが今年も楽しい立山ツアーでした。
ご一緒させていただいたゆきうさぎMLの皆様、今年もありがとうございました。

›コメントを書く

秋立山2013 Day1

Posted by kazu at 02:35 PM / Category: シーズンログ 2013-2014 / 0 Comments T.B.URL :

写真メインですが1日目のを。

テン場付近から。

室堂乗越から雲海を。

ノートラックパウダああ

りょーGoGo! 

まさるさんGoGo!

こないだ紹介した新しいマウントを試す。

登り返してこっち

ファントム登場

太陽と雪と青空が美しいいい

夕日色に染まる奥大日岳と雷鳥荘

雲海もきれい

時間の変化とともに様々な色を見せる立山の山々

日が沈んだ後の空の深い色が好き

星空を撮るのも楽しいけど寒くてモルトを飲みながら30分程度が限界でしたw

›コメントを書く

カテゴリー記事は最新30件のみを表示しています。
過去記事一覧