›March 31, 2008

ヘルメットカムでパウダースキー (Xacti+ワイコン)

Posted by kazu at 11:38 PM / Category: パウダー・POWDER / 4 Comments

Xactiに自作ワイコンをつけてヘルメットカムしてみました。
かぐらスキー場バックカントリーエリアにてパウダー満喫。 
この日の詳しいレポートはのちほど。まずは動画を。

やっぱりワイコンつけると臨場感が違います!!良い感じ♪



Posted by: kazu at April 2, 2008 10:53 PM

でもかぐらで50cm降ったって聞いたら・・・(笑


Posted by: どざ at March 31, 2008 11:55 PM

>でも明日結構な寒波が来るっぽいですね(笑)

いや、それは言わない約束で・・・


Posted by: kazu at March 31, 2008 11:52 PM

>どざさん
お疲れさまでした!&お世話になりました。
運転も、、スミマセン。。

こちらこそ来シーズンもよろしくです。



でも明日結構な寒波が来るっぽいですね(笑)


Posted by: どざ at March 31, 2008 11:47 PM

日曜はお疲れ様でした!
いやー、ホント良い・・・
来シーズンもよろしくお願いしますね!

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 18, 2008

Xacti CA65 ワイコン(広角レンズ)自作

Xacti CA65用にワイコン(ワイドコンバージョンレンズ)をつけたかったのだが、CA65は変なレンズ形状(四角形)のため、困ったことに普通の方法ではワイコンが付かない。
ネットでいろいろ探してみたのだが、どうにもしっくりくる方法は無い。

ってことで、自作。
ワイコンは以前DVカメラ用に使ってた、レイノックスのスーパーセミフィッシュアイレンズ。もうDVカメラを使うことも無いでしょう。

用意したのは、
・暑さ1mmのエンビの板
・接着剤
・ちょっと太めの輪ゴム

以上。全てホームセンターで手に入ります。

で、手順
1.エンビ板を4cm×1.5cmくらいの長方形に切る。2枚用意。
2.板にゴムを通す穴をあける。
3.レンズの内側の溝に差込み、接着剤で接着。
4.長さを調整して輪ゴムを結ぶ。

以上です。
装着するには、輪ゴムをXactiにひっかけて固定します。

enbi.JPG

エンビ板。これを横に切って半分にする感じ。

xacSANY0019s.jpg
加工後

xacSANY0020s.jpg
横からみた感じ。普通の輪ゴムなんでちょっとかっこ悪い(笑)

xacSANY0022s.jpg
レンズ汚れてるなぁ(笑)まあ古いレンズなので。。

IMGP2895s.jpg
装着したイメージ。
輪ゴム黒だともうちょっとしっくりくるかもね^^;

IMGP2896s.jpg
モニターひらいてみる。

xacSANY0023s.jpg
撮影。ワイコンなし。

xacSANY0024s.jpg
ワイコンあり。
右がちょっとケラれてます。

といった感じです。
よろしければ参考にしてください。
>
Xacti CA65 今のところの楽天最安値はこちら


Posted by: Lesia Todd at May 1, 2009 09:25 PM

qhl14a9o513edrqp

 ワイコン


Posted by: kazu at March 22, 2008 01:57 PM

>わかさん
縮小したからかもしれませんね^^;元の画像はそれなり、って感じでした。安物ワイコンレンズなのでしょうがないですが。

>kura
SANYO様、純正品で対応できるようにお願いしますm(_ _)m


Posted by: kura at March 19, 2008 12:48 AM

弊社の製品御使用いただき有難うございます。
4月は至仏は絶対。ヒウチ(福島)も行きたい。GWは北アルプスか。


Posted by: わか at March 18, 2008 06:21 PM

ナイスです!
周辺部のボケもなく、意外にシャープな映像で、ちょっと驚いています。

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 17, 2008

かぐら 春スキー

Posted by kazu at 11:27 PM / Category: シーズンログ 2007-2008 / 0 Comments

3月16日
かぐら行ってきました〜。

今週もお休みかも、と思ってたけど、
嫁が行く気になってくれたので。

もうパウダー狙いではないので朝ゆっくりです。
9時半すぎにみつまた到着。
結構駐車場埋まってました。

今日も天気外良い。
雪は完全にシャバ雪。
景色ももう春な感じ。

SANY0003s.jpg
中尾根方面はいたるところにクラックがあり、全層雪崩の危険がありそうです。

今日はまったり滑ります。

日差しも強く暑いくらい。

ゴンドラ降りたところの外の休憩スペースでお昼。

そのあと第5ペアに乗って一番上に。

ちょっと10分だけ、と誘って、シールで登ることに。

と、ここで見知らぬ方に声をかけられる。
「kazuさんですか?」

と、なんと!声の主は あんちゃんさん。
お初にお目にかかりました。
板とビンディングでもしかしたら?と思ったとのこと。
いや〜、よく分かりましたね!(笑)
おささんともご挨拶させていただきました。
僕は嫁と一緒だったために上まで行けなかったので残念でしたが、今後ともよろしくお願いします。

SANY0008MP4_000009042s.jpg
さて、シールで登ります。

kagSANY0012s.jpg
10分くらい行って一休み。

見ていたら中尾根方面、雪庇下をトラバースして登ってる人いましたが、
ちょっと危険じゃないのかなぁと思った次第。楽なのは分かるんですけどね。

SANY0015s.jpg
雪は安定してそうですが、ピットチェック。
スノーソーで奥のところに切れ目をいれてコンプレッションテスト
CTH(26)@40cm 

問題なさげです。
さらに薄い弱層をみつけるためにシアーテスト
90cmのところにも弱層あり。
まあ問題無いでしょう。

そのままツリーランを楽しんでかぐらへ戻り、下山コースを通って駐車場へ帰りました。

実に平和な春スキーでした(笑)
今回、嫁さん用に買ったシールも無事使えることが分かったし良かった良かった。

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 15, 2008

ピープスフリーライド VS ピープスDSP

DSPs.jpg

※写真は両方DSPです。

ニセコの2日目、スキー場から帰ってからビーコンの練習をしたのでそのときのこと。

所有ビーコン
おれ、tomu  PIEPS DSP
Dふく、ゆっこ PIEPS FREERIDE

ちなみにDSPは現在の価格が6万くらい。3本アンテナのデジタルビーコン。
フリーライドは今シーズン発売した1本アンテナデジタルビーコン。価格は2万くらい。
その差3倍。

雪のなかにビーコンを2つ埋めてスコップで掘り起こすところまでの競争で性能比較。

DSP 2分で1個目を掘り起こし、もう1分で2個目。計3分で2個救出。

フリーライド 4分で1個目を掘り起こし、もう3分で2個目。計7分くらい。

当然ながらDSPのほうが早い!


実際にピープスフリーライドに触れるのは初めてだったので使ってみた感想。

矢印の強弱と(方向は出ない)距離を示す数字を頼りに探すのだけど、矢印の感覚がよくつかめない。なんかとにかく動き回って数字が少なくなるほうへという感じでかなりうろうろしてみつけられたという感じ。
ちなみに1本アンテナということもあり、探すビーコンがどういう向きに埋まってるかによってもいろいろ左右されるよう。(実際に対象のビーコンの向きを変えると、距離が大きく変わった)
電波は放物線を描いているので、直線距離とはならないのは当然なのだが、このあたり3本アンテナのほうがうまく補正してくれているようですね。
あとは、DSPと比べた場合、フリーライドのほうが受信する距離が圧倒的に短い。これはちょっと痛いところですね。DSPが50mくらいから受信できるのに対して、フリーライドでは30m以下。
とにかく目測で走って最初の電波をキャッチしなきゃって感じですかね。

でもまあ、方向が分からないのでその分時間はとられるが、使ったことがないひとでも直感的に見つけられるのではないでしょうか。
その意味ではこういった安いデジタルビーコンが発売されたのはすばらしいです。

今までもアナログビーコンなら安いものがありましたが、アナログはとにかく練習が必要ですからね。

とはいえ、DSPとの比較では圧倒的にDSPのほうが価格差分(笑)探しやすいですね。
使ったこと無い人でも一発で探せますからやっぱりすごい!

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 12, 2008

ニセコツアー3日目 ドピーカン

Posted by kazu at 09:34 PM / Category: シーズンログ 2007-2008 / 2 Comments

ニセコツアー3日目 
羊蹄山もくっきりのドピーカン。

朝一パウダーは無さそうなのでゆっくり支度。
スキー場の麓で宿のオーナーと撮影。
ファットスキーばっかりでオーナーも驚いてたよ。

オーナーにあとでまたスキー場に行くから電話する、と言われたたけど、
ごめん、たぶんずっと山頂から山に入ってると思う・・。

ってことで、とにかく今日は山!

SANY0066s.jpg
第7リフトから山頂を見て。

SANY0068s.jpg
振り返って、Dふく氏と羊蹄山。

さっさと登り開始!
登りの列と羊蹄山。
SANY0070s.jpg

さすがに今日は大量の人たちが登ってます。

30分程度で山頂到着。

IMGP2814s.jpg

IMGP2812s.jpg
羊蹄山が遠くに。

今日は視界もよく、雪も安定しているのでバックボウルを滑ることに。

といってもかなりの人が入っているようで、おいしい斜面はそんなに多くなさそう・・。

尾根伝いを様子見して、途中からドロップ。
SANY0071MP4_000215048s.jpg
SANY0071MP4_000313046s.jpg
SANY0071MP4_000982047s.jpg
IMGP2815s.jpg

SANY0073MP4_000015048s.jpg

こんな斜面。

ちなみにここは大変雪崩の多いところですので注意です。

これからの時期はニセコではこんな全層雪崩がおきるわけで。

雪崩写真1
雪崩写真2

戻ります。
バックボウルは下部の緩やかなツリーランも楽しかったな。

その後、アンヌプリからまたゴンドラ・リフトを乗り継ぎ、また山頂を目指します。

北壁どうかな〜と思ったけど、結構滑られてたようなので東尾根から北斜面に滑り込むルートへ。
尾根はガチガチアイスバーンで、今回一番怖かった(笑)
パウダー滑るにもエッジは必要ですなw
その下の斜面はうす〜いパウダーだけど、まあまあ楽しかった。

動画(kazu&ゆっこ)



さらにその下の斜面では、パウダー下の固い雪に足をとられて大クラッシュしたけどw

ゲレンデに戻って帰る途中、
tomuがGPSで最高速記録目指して直滑降!!
ものすごい大爆走。
期待通り(?)途中のギャップにビンディング誤開放で大大クラッシュ!!ww
撮影しとけばよかったよ〜〜!

でも、あんだけくらったのにこりずにまたスピード記録にチャレンジしてたtomuはすげ〜よ。
時速80kmくらいだったっけ?

帰りに旭川ラーメン食って終了(全部食えんかった。。)

SANY0075s.jpg

今年のニセコだが、振り返ってみると結構ラッキーだったかな。
だって、3日のうち1日はしっかり雪降ったし(3月に入ってからほとんど降っていないらしい)
10日ほどあいてなかった山頂がオープンしたし。

それにしても昔に比べるとすごく人が増えたよね。
パウダー滑るならやっぱ1月か2月だな。


Posted by: kazu at March 17, 2008 11:22 PM

 >kura
お〜、今度行くか〜?
ブログよろしく。
ちなみに春はどっかツアーいく予定ある?


Posted by: kura at March 15, 2008 04:28 PM

畜生、うらやましすぎるぞ。
来年はつれてけ〜。
因みにやっとブログ作り始めたんで、後で公開します。

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 10, 2008

ニセコ アイスバー

結局ここでは飲まなかったのだけど、きれいだったので写真のみ。
テーブル・イス・グラスなども全て氷です!

IMGP2782s.jpg IMGP2789s.jpg IMGP2788s.jpg IMGP2787s.jpg IMGP2792s.jpg


Posted by: kazu at April 14, 2008 07:20 PM

 テスト7


Posted by: kazu at April 14, 2008 07:18 PM

 テスト6


Posted by: kazu at April 14, 2008 07:14 PM

 テスト3


Posted by: kazu at April 14, 2008 07:07 PM

 テスト

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

ニセコ2日目 パウダー!

Posted by kazu at 11:31 PM / Category: シーズンログ 2007-2008 / 0 Comments

ニセコツアー2日目

いつものように7:30に朝食を食べてセンターフォーに並ぶ。

DSCF3743s.jpg

んで、エース第4ペアにいちばんで並びます。

前日夜降ってるのできっと良いはず!

DSCF3747s.jpg 

そして山頂のコース!
ノートラックに飛び出します。
底付無しのパウダー!!!
やっぱ気持ちいいわ。
重力に身を任せて滑っていきます。
ふと横をみるとDふくさんがしゃがみチョッカリ!
リフトから歓声をあびてますw

ここを2本滑ります。2本目、少し荒れてきたけど楽しめた。

次はアンヌプリに移動して大沢へ。

ちょっと風があたってたのか薄めだったけど、
距離が長くとれるし面白い。
ただここは結構雪崩の危険があるところなので、滑る人注意ね。
特にモイワ側の斜面や雪庇は危険らしいですよ〜。
ってわけで僕はいつもアンヌプリ側のルートを選びます。

ひらふまで戻り、藤原ゲートから滑るも、もうだいぶ荒れてたかな。

んで、いよいよ山頂へ登り開始。
今日、ひさびさの山頂ゲートオープン(10日ぶりくらい?)とのことで、しきりに注意をうながしてました。

約30分ほどで山頂到着。
視界はかなり悪い。
風も相当強い。

DSCF3753s.jpg

そんなこんなで北壁ルートへ。
上部はかなり視界が悪くホワイトアウト状態。
GPSの方向をたよりに進む。

ちょっと下までくると視界が開けてきて滑りやすくなる。

SANY0049mpg_000030300s.jpg

動画:ゆっこ、tomu (なぜかこのカットがサムネイルに?汗;変え方わからん。。)


花1まで降りて、レストハウスで食事。
カニラーメンがうまそうだったなぁ。
やっぱりオージー&外人ばっかり。

宿に戻ってビーコン練習。
これについては別途記事にしますね。

夕食食べたあと、雪が降っていないので温泉&飲み。
やわらやというお店で飲んで、帰ってからまた地下のバーでワイン1本あけて就寝。
今回はあんまり地下バーに人がいなかったなぁ。
3月ってのもあるのかな。

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

ニセコツアー1日目 ひらふ・大雪ナイター

Posted by kazu at 09:49 PM / Category: シーズンログ 2007-2008 / 0 Comments

ニセコツアー1日目
Dふく、tomu、ゆっこ、kazu

羽田空港で待ち合わせ。
羽田発6時40分というはや〜いフライトなのに、
6時15分に空港到着して、おまけにあわてて走って来てザックの中身をぼとぼと落とすやつがいて爆笑ww
ったく誰だよ・・。



オレだよ・・orz

言い訳するとさ〜、前日終電まで仕事して帰って準備していろいろ大変だったのさ。
まあ間に合ってよかったよ。
来年はもう少し遅いフライトにするべ。

さて、飛行機も無事飛び、新千歳。
いつものようのに朝市食堂でイクラのおにぎりを買い、バスのなかで食す。

途中雪が舞ってきて、期待期待!

さて、今回のDふく氏の板がすごい。

EP PRO 
185僉。隠毅魁檻隠横掘檻隠毅
リバースキャンバー板

だそうで。
SANY0054s.jpg

宿にあった古い板と比べてみるとその差が!!


14時〜ひらふを滑る。
とりあえずセンター4、6C、第7を上がって、花3やロイズを滑るもボコボコ状態。
花園行ってみかんを滑ると、ここはまあまあ。
メロンはイマイチ。
(ちなみにこの日は山頂クローズ)

結局ウラミハが良い感じだったかな。
と、ここいらで雪が本降りになり、期待期待で一度夕食に宿に戻る。


SANY0044s.jpg

今年から常宿ジャムガーデンの夕食が豪華になってた。
毛ガニ一杯付きだからね。満足♪

で、ナイター。
すんごい良い感じに雪が降りまくってます。
これぞニセコって感じの降りっぷり。
滑るたびにリセットされそうな感じです♪

スーパーコースわきの大広間、良い感じで積もって、一部底付無しのヒザパウダー!!
でも、大広間ってちょっと照明が届かなくて暗いのよね。

なので、ヘッデン(ヘッドランプ)登場!(笑)
これがめっちゃ役立ちました。

実は、これ、BCやるようになったとき(6年くらい前?)に買ったんだけど実は一度も使ったことがなかったんだよねぇ。
そもそも、やむを得ず夜間行動することになったときのためのアイテムなんで、普段はザックにいれっぱなし。今回ようやく使うことができた。
ゲレンデで使うなんて、ちょっと使用方法間違ってる?(笑)

温泉沢とかも滑ったけど、もうちょっとだったなぁ。

SANY0047s.jpg

まあ明日に期待ということで一日目終了。

夜は地下のバーで飲み。
ニセコも開発が進んでいろいろたいへんそう。オーナーもちょっと元気がないか?

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます

›March 05, 2008

ニセコ東山でアバランチコントロール

Posted by kazu at 12:34 PM / Category: 雪崩・セルフレスキュー / 0 Comments

higashiyama.JPG

ダイナマイトで雪崩をコントロール
http://www.stv.ne.jp/news/item/20080229192237/index.html

雪崩をコントロール・・・ニセコ東山スキー場
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20080301-OYT8T00023.htm

ニセコ東山の水野の沢かな?

3年前に「水野の沢が解放されるかも?」って記事をアップしましたが
http://optix.sppd.ne.jp/mt/archives/000148.html

いよいよ実現されるのでしょうか。

STVニュース引用
(ニセコ東山スキー場・上原子次郎支配人)「100%ではないが、十分安全を見極めた雪崩の制御が出来ると思います」
スキー場では関係機関と協議を重ね来シーズンから滑走禁止区域を一般に開放したいと話しています。

とのことですので、来シーズンに期待!!!

  
  ※tweetボタンを押してツイッター経由でコメントが書き込めます